結婚したい相手に求める要素とは

一人暮らしトップ画像

婚活をする男の本音

婚活における男の本音と建前の画像

男女のカップル画像

結婚相談所を利用する男性は「年下の女性」を希望するケースが多いそうです。

ある結婚アドバイザーの話でも「男性は若く見える女性よりも、若い女性を好む」という傾向を指摘していました。

つまり、男性にとって「若さ」というのは大きな魅力なのです。


ここで気付かなければならないのは、男性が求める「若さ」というのは自分の年齢よりも若いということです。

男性は一概に20代が好きだとか、30代はダメという訳ではありません。

30代であれば20代、40代であれば20代後半〜30代中頃まで・・・というように、自分の年齢よりも若い女性を好む傾向があります。

つまり、35歳の女性が婚活をするとなると、必然的にマッチングするお相手は40代以上の男性が多くなってしまうということです。

もちろん30代後半から40代の女性も自分より若い男性を好む傾向があるそうです。

それだけにアラフォー世代以上の男女の婚活は、お互い自分より若い年齢を希望するので「なかなか出会いがない」という結果になるそうです。

つまり、30歳前後で条件の良い男性と結婚したければ、必然的に20代前半から若い順に【年齢条件で優位に立てる】ということになります。


この「年下好み」という男性心理を知っている女性が、30代前後の良い条件の男性をGETしようと20代前半から婚活をスタートしています。

私が20代の方に婚活を進めるのもこの「男性は年下が好き」というポイントが大きな理由なのです。

相手のストライクゾーンに入っていれば、こちらも動きやすいですよね。

逆にストライクゾーンに入っていなければ、それなりに努力をしなければ婚活を思うように進められないケースが多いようです。


婚活をする女の本音

婚活における女の本音の画像

「年下の女性が好き」という男性の本音は分かりましたが、もちろん女性にも本音があります。

女性がコーヒーを飲む画像

先ほどもチラッと書きましたが、女性の場合は男性と違って年齢が上がってくるに連れて「年下を選びたい」という要素が強くなってくるようです。

年下を選ぼうとしだした瞬間から、さらに厳しい婚活が待っているのですけど・・・。


しかし女性の場合は年齢の好みよりも、やはり「年収」に重きを置く人が多いようです。

不景気の波が日本を襲ってからは、より一層その傾向が強くなってきています。

自分一人で生計を立てられるくらいの収入がある女性ならばなおさらパートナーとなる男性に自分以上の収入を求めるケースが増えているのです。

「もし私が出産で仕事を辞めても生活していけるかな・・・?」というのは誰しもが男性に求める結婚要素です。

それだけにお相手の男性が非正規雇用の仕事をされていれば、「相性はいいから結婚したいけど、将来設計が不安だな・・・」と思ってしまうのですね。

将来像に不安を感じると女性は男性と違って勢いだけでは結婚しません。

以前ならば多少年収が低くても若い男性ならばこれから収入も上がることも期待できたのですが、不景気で雇用不安の世の中でそんな甘い見通しもできなくなりました。

それだけに女性の本音は「高収入とまでは言わないけど、将来も安定した収入が望める男性」というポイントが重要視されるようになってきました。

今、高収入でも2〜3年後にどうなっているか分からない男性よりも安定した収入が期待できる男性を選びたいのです。

それだけ「安定」というキーワードが大切になってきているのですね。

そうは言っても「20代で結婚はまだ早いのでは!?」と考える人もいます。

では、実際に20代の結婚は早いのかどうか考えてみましょう。>>>20代で結婚は早い?


  • タイプ別婚活の選び方
  • オーネット
  • マッチドットコム
  • サンマリエ
  • ノッチェ
  • パートナーエージェント
  • エキサイト

Copyright (C) 婚活は20代から!20代で始める婚活が成功する理由 All Rights Reserved.トルコリラでFX